正岡陽炎女(読み)まさおか かげろうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正岡陽炎女 まさおか-かげろうじょ

1886-1967 大正-昭和時代の俳人。
明治19年11月13日生まれ。北海道にわたり,美唄(びばい)でくらす。長谷川零余子(れいよし)に師事し,「枯野」同人。零余子没後はその夫人の長谷川かな女主宰「水明」の同人となる。昭和26年両師の夫婦句碑をたて,「暁水」を創刊,主宰。昭和42年1月15日死去。80歳。高知県出身。札幌北星女学校卒。本名は辰雌(ときめ)。
【格言など】農婦野に座せば陽炎髪なぶる(美唄市空知神社境内の陽炎女句碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android