コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮原 みやはら

5件 の用語解説(宮原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮原
みやはら

熊本県中部,氷川町南部の旧町域。八代平野中部にある。 1889年町制。 2005年竜北町と合体して氷川町となる。氷川の谷口集落を中心に発達。トマト,花卉栽培のほか,酒造,製材が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮原
みやはら

熊本県中部、八代(やつしろ)郡にあった旧町名(宮原町(まち))。現在は氷川(ひかわ)町の南部を占める。旧宮原町は町名を三宮(さんぐう)社に由来するといわれる。1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)竜北(りゅうほく)町と合併、氷川町となった。旧町域をJR鹿児島本線、国道3号、443号が通じる。東部山地、中央部の丘陵地、西部の低地に三分され、東部の造林、中央部の果樹園、西部の水田は際だった対照を呈している。丘陵上の古墳、条里遺構を残す水田などから開墾の早さが知られるが、同時に江戸時代薩摩(さつま)街道の宿場町として栄えたおもかげをしのぶことができる。現在、国道3号沿いに金融機関、公民館などが立地しているが、役場、図書館、商工会館などはなお旧街道沿いにある。また、東端の立神(たてがみ)峡は石灰岩の岩壁を清流が洗う景勝地で、付近のキャンプ場とともに旧宮原町観光の主柱になっている。[山口守人]
『『宮原町郷土誌』全2巻(1959、1963・宮原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮原の言及

【小国[町]】より

…全域を標高1000m前後の山々が占め,杖立川本支流が谷を刻んで北西流する。中心集落の宮原は古くからの交通の要衝であり,国道212号,442号線の交差する地点でもある。基幹産業は農林業で,農業は米作と畜産を主体とし,ダイコンなど高冷地野菜栽培が行われ,出作により生産を伸ばしている。…

※「宮原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮原の関連情報