コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正税帳使 ショウゼイチョウシ

大辞林 第三版の解説

しょうぜいちょうし【正税帳使】

律令時代の四度使しどのつかいの一。諸国から毎年正税帳を太政だいじよう官に持参する使。税帳使。正税使。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正税帳使の言及

【四度使】より

…(1)日本古代の律令制のもとで,国衙(こくが)の政務などを報告するため,毎年定期に上京する4種の使者。朝集使(ちようしゆうし),大帳使(だいちようし)(計帳使とも),貢調使(こうちようし),正税帳使(しようぜいちようし)をさす。いずれも国司がその任にあたるが,朝集使のみ四等官にかぎられ,他は史生(ししよう)などの雑任(ぞうにん)でもよかった。…

※「正税帳使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

正税帳使の関連キーワード律令時代朝集使四度使紀必登

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android