コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四度使 よどのつかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四度使
よどのつかい

「しどのつかい」とも読む。令制で,国司が毎年中央に派遣した4種の使者。計帳をすすめる大帳使正税帳をすすめる正税使調帳をすすめる貢調使国政一般の報告をする朝集使をいう。朝集使が最も重要で,地方政治運営の根幹であった。平安時代中期からはこれらを合併することが承認され,次第に行われなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よどのつかい【四度使】

(1)日本古代の律令制のもとで,国衙(こくが)の政務などを報告するため,毎年定期に上京する4種の使者。朝集使(ちようしゆうし),大帳使(だいちようし)(計帳使とも),貢調使(こうちようし),正税帳使(しようぜいちようし)をさす。いずれも国司がその任にあたるが,朝集使のみ四等官にかぎられ,他は史生(ししよう)などの雑任(ぞうにん)でもよかった。朝集使は国司・郡司の勤務成績報告書その他の公文書を持参し,在京中は朝儀に参列する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四度使
よどのつかい

律令(りつりょう)時代、地方政治の実態を中央政府に報告するために上京した、大(計)帳使、貢調使、正税帳(しょうぜいちょう)使、朝集使の四種の使をいう。いずれも国司の目(さかん)以上がその任にあたった。四度使のもたらした大(計)帳、調帳、正税帳、考文(こうぶん)(勤務評定書)を中心とする朝集使持参の帳簿は、四度公文(くもん)とよばれ、地方より上申される諸文書、帳簿のなかでもとくに重要視されたが、それぞれについて枝文(えだふみ)とよばれる膨大な関連文書があった。
 律令政府の日常業務は、文書主義といわれるほどこれらの公文に基づいて遂行された。政府は公文と現物を照合したり、公文と公文とを比較検討したりなどして、地方政治の実態把握や不正・不備の発見とその是正に努めた。四度使として上京した国司たちは、単に公文を上申するだけでなく、関係官司に出頭して監査を受ける責任があり、もし不備や錯誤が発見されると、公文を返却されて、その再提出を求められる場合もあった。[福岡猛志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四度使の関連キーワード大計帳使四度の使公文祭主雑掌

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android