コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井遺跡 たけいいせき

世界大百科事典 第2版の解説

たけいいせき【武井遺跡】

群馬県勢多郡新里村武井内出東にある先土器時代の遺跡。広大な赤城山南麓の一角を占め,岩宿遺跡とは約5kmの距離をおく。1954年に明治大学発掘をおこない,約150m2の発掘区から総数5000点近い豊富な石器,石片などを発見した。層位的に表土直下にある上部ローム層軟質部中の武井II石器文化と,下層の黒色帯中に含まれる武井I石器文化に区別され,武井Iは総数44点で,そのうち数点のナイフ状の石器以外は特徴が不明である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

武井遺跡の関連キーワード新里(群馬県)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android