コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武元北林 たけもと ほくりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武元北林 たけもと-ほくりん

1770-1820 江戸時代後期の儒者。
明和7年生まれ。家は備前(岡山県)和気郡北方村の大庄屋。江戸で林述斎(じゅっさい)の門にまなぶ。家業をつぎ「勧農策」をかいて藩主建言,郷校閑谷(しずたに)学校の教授となった。のち京都で私塾をひらき,頼山陽らとまじわった。文政3年9月27日死去。51歳。名は正恒。字(あざな)は君立(くんりゅう)。通称は立平。別号高林。著作に「史鑑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武元北林の関連キーワード田中香雪武元立平儒者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android