コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武元北林 たけもと ほくりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武元北林 たけもと-ほくりん

1770-1820 江戸時代後期の儒者。
明和7年生まれ。家は備前(岡山県)和気郡北方村の大庄屋。江戸で林述斎(じゅっさい)の門にまなぶ。家業をつぎ「勧農策」をかいて藩主に建言,郷校閑谷(しずたに)学校の教授となった。のち京都で私塾をひらき,頼山陽らとまじわった。文政3年9月27日死去。51歳。名は正恒。字(あざな)は君立(くんりゅう)。通称は立平。別号に高林。著作に「史鑑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武元北林の関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇平賀源内ドイツ演劇舎密開宗山村才助チェコ文学ロシア音楽