コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武宗[唐] ぶそう[とう]Wu-zong; Wu-tsung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武宗[唐]
ぶそう[とう]
Wu-zong; Wu-tsung

[生]元和9(814)
[没]会昌6(846)
中国,唐の第 15代皇帝 (在位 840~846) 。姓は李てん,のち炎。諡は至道昭粛皇帝。第 12代穆宗 (ぼくそう) の第5子。母は宣懿 (せんい) 皇太后韋氏。皇太子陳王李成美をさしおいて,宦官張弘志,仇士良らに擁立されて即位。北方のウイグル族を討つことに成功する一方,内政面では,道教を信仰し,仏教をはじめ,景教マニ教祆教を弾圧して「会昌の廃仏」として著名な事件を起し,寺院 4600を廃棄し,26万人余の僧尼を還俗させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武宗[唐]の関連キーワードカールカール[大帝]凌雲集凌雲集世界遺産土砂災害の増加不登校、高校中退国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館知多四国円珍

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone