コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田惣角 たけだ そうかく

2件 の用語解説(武田惣角の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田惣角 たけだ-そうかく

1860-1943 明治-昭和時代前期の武道家。
万延元年10月10日生まれ。明治6年榊原鍵吉の弟子となり,8年もと会津(あいづ)藩家老西郷頼母(保科近悳(ちかのり))に合気柔術をまなぶ。31年免許をうけ,保科の指示によって大東流をおこした。門下に合気道の開祖植芝盛平ら。昭和18年4月25日死去。84歳。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。名は正義。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田惣角

没年:昭和18.4.25(1943)
生年:万延1.10.10(1860.11.22)
明治から昭和期の武術家。会津藩士武田惣吉の次男。母は黒河内伝五郎の娘富。陸奥国会津坂下(福島県)生まれ。名は正義。藩の家老西郷頼母に大東流合気柔術を学んだことから同流中興の祖といわれるが,惣角を実質的な創始者とする説が有力である。はじめ一刀流の渋谷東馬に就き,明治6(1873)年榊原鍵吉 の道場に入門したという。一カ所に道場を構えることを好まず,以後は沖縄から北海道まで全国を旅し,その先々で講習会を開いて門人をとった。その数は3万人ともいわれ,陸海軍の将校や幹部警察官も多かった。門下から合気道の開祖植芝盛平をはじめ佐川幸義,堀川幸道,久琢磨らが出ている。小柄であったが,その術技は超人的であったという。 子の時宗が伝を継ぎ,同流は現在も古流武術のうちで最も盛んである。<参考文献>合気ニュース編『武田惣角と大東流合気柔術』

(甲野善紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武田惣角の言及

【合気道】より

…その意味は,相手の心の動きを察知する心法と,相手の攻撃を無効にする技法との2面から理解される。この語は同流関係の史料では,1922年に植芝が武田惣角(1860‐1943∥万延1‐昭和18)から与えられた〈合気柔術秘伝奥儀之事〉に初見される。現在,合気は流派によって異なったニュアンスで用いられている。…

【植芝盛平】より

…また講道館柔道も学ぶ。1915年に,大東流中興の祖といわれ剣・槍・柔術などに長じていた武田惣角に師事する。20年から綾部の大本教本部に居住し,出口王仁三郎から精神的影響を受けた。…

※「武田惣角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武田惣角の関連キーワード大庭恭平会津会津城会津若松唐行き小野弥助粕谷義三斎藤弥兵衛桜田惣四郎堀貞則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone