コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田立斎 たけだ りっさい

1件 の用語解説(武田立斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田立斎 たけだ-りっさい

1736*-1813* 江戸時代中期-後期の儒者,医師。
享保20年12月4日生まれ。出羽(でわ)秋田の人。伊藤介亭に師事し,古義堂四傑のひとりとされる。秋田藩十二所(じゅうにしょ)所預茂木(もてぎ)氏の儒医をつとめた。文化9年12月19日死去。78歳。幼名は藤太郎。通称は三益。著作に「論語私説」「孟子私説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武田立斎の関連キーワード岡林竹加藤勘六(初代)国包(9代)皐月平砂(3代)歳長(陸奥守系・3代)利随藤吉子虎淵伯養本目親辰山下池亭