コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵家刀自 むさしの いえとじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武蔵家刀自 むさしの-いえとじ

?-787 奈良時代の女官。
武蔵(むさし)足立郡出身の采女(うねめ)。宝亀(ほうき)元年(770)外従五位下,延暦(えんりゃく)5年に従四位下となる。禁内礼式をつかさどる内侍司(ないしのつかさ)の掌侍(ないしのじょう)と,後宮諸行事の設営を担当する掃部司(かにもりのつかさ)の典掃(かにもりのすけ)の職を兼任した。延暦6年4月11日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武蔵家刀自の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android