コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵川喜偉 むさしがわ よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武蔵川喜偉 むさしがわ-よしひで

1909-1987 昭和時代の力士,親方。
明治42年3月1日生まれ。出羽海部屋に入門,しこ名は出羽ノ花。大正14年初土俵,最高位は前頭筆頭。昭和15年引退後は年寄武蔵川となり,日本相撲協会理事として財政を担当。43年理事長。蔵前国技館の建設,諸制度改革をおこなった。昭和62年5月30日死去。78歳。石川県出身。本名は市川国一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武蔵川喜偉の関連キーワード出羽ノ花国市昭和時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android