武藤鉄城(読み)むとう てつじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤鉄城 むとう-てつじょう

1896-1956 昭和時代の考古学者,民俗学者。
明治29年4月20日生まれ。角館時報社長,秋田県文化財専門委員。魚形文刻石,環状列石遺跡の調査,県内民俗の研究をおこなった。スキー,ラグビーの普及指導者としても活躍。昭和31年8月30日死去。60歳。秋田県出身。慶大中退。著作に「秋田郡邑魚譚」「自然と伝承」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤鉄城
むとうてつじょう
(1896―1956)

考古・民俗学者。秋田市豊岩(とよいわ)に生まれる。慶応義塾大学中退。銀行員、運動具店経営、東北大学奥羽史料調査所嘱託、小・中学校教師、新聞記者など多彩な職業のかたわら、環状列石遺跡、魚形線刻石や、鳥虫草木の民俗など広く秋田県内の考古学・民俗学の研究に専念した。秋田県文化財専門委員として文化財保護行政に尽力し、県の文化功労章を受章した。スキー、ラグビーの普及指導者としても知られ、秋田県スポーツ功労賞も受けた。[木崎和廣]
『『武藤鉄城著作集』1巻(1984・秋田文化出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android