コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤鉄城 むとう てつじょう

2件 の用語解説(武藤鉄城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤鉄城 むとう-てつじょう

1896-1956 昭和時代の考古学者,民俗学者。
明治29年4月20日生まれ。角館時報社長,秋田県文化財専門委員。魚形文刻石,環状列石遺跡の調査,県内民俗の研究をおこなった。スキー,ラグビーの普及指導者としても活躍。昭和31年8月30日死去。60歳。秋田県出身。慶大中退。著作に「秋田郡邑魚譚」「自然と伝承」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤鉄城
むとうてつじょう
(1896―1956)

考古・民俗学者。秋田市豊岩(とよいわ)に生まれる。慶応義塾大学中退。銀行員、運動具店経営、東北大学奥羽史料調査所嘱託、小・中学校教師、新聞記者など多彩な職業のかたわら、環状列石遺跡、魚形線刻石や、鳥虫草木の民俗など広く秋田県内の考古学・民俗学の研究に専念した。秋田県文化財専門委員として文化財保護行政に尽力し、県の文化功労章を受章した。スキー、ラグビーの普及指導者としても知られ、秋田県スポーツ功労賞も受けた。[木崎和廣]
『『武藤鉄城著作集』1巻(1984・秋田文化出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武藤鉄城の関連キーワード八幡一郎藤森栄一先史考古学森浩一大場磐雄岡崎敬工藤雅樹甲野勇玉井伊三郎早川荘作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone