歯車式鉄道(読み)はぐるましきてつどう(英語表記)rack railway

翻訳|rack railway

世界大百科事典 第2版の解説

はぐるましきてつどう【歯車式鉄道 rack railway】

車両の推進,制動などに,車上の歯車と地上に敷設した歯形レールのかみ合いを利用した鉄道の総称。もっぱら急こう配の登山鉄道に利用される。車両(主として動力車)には,軌道に直角で水平または垂直方向の軸を有する歯車を設け,一方,軌道側には,その歯車にかみ合うような歯形のついたレール(歯形レール)を敷設しておく。車両の駆動の際には電動機から別の歯車を介してこの歯車に動力を伝え,この歯車と歯形レールとがかみ合って前進する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android