コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死文 シブン

デジタル大辞泉の解説

し‐ぶん【死文】

条文だけがあって、実際の効力を失った法令規則空文。「死文化した法律」
内容や精神のこもらない文章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶん【死文】

条文はあるが、何の効力ももたない法令や規則。空文。
内容の充実していない文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

死文の関連キーワード核不拡散条約再検討会議労働基準監督官ヒエログリフ核アナーキー年少労働者核無秩序化利息制限法労働基準法サドカイ派トロア条約条約改正貨幣法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死文の関連情報