死相(読み)しそう

精選版 日本国語大辞典「死相」の解説

し‐そう ‥サウ【死相】

〘名〙
に近づいた顔つき。死を思わせる人相。〔台記‐久安三年(1147)九月六日〕
怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉八「人の死ぬ前には死が出ると聞て居ますが」
死者の顔つき。死に顔。
監獄法(明治四一年)(1908)七二条「死刑を執行するときは絞首の後死相を検し」
③ 死のときに現われる相による判断。その体温が足から冷えるか、から冷えるか、などの相によって、生前善悪を知り、死後に行く世界を判断するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「死相」の解説

し‐そう〔‐サウ〕【死相】

死の近いことを思わせる顔つき。死を示している人相。「死相が現れる」
死に顔。
「短い経帷子きょうかたびらと―を隠す頭巾と」〈長塚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android