段菊(読み)ダンギク

デジタル大辞泉の解説

だん‐ぎく【段菊】

クマツヅラ科の多年草。高さ約60センチ。全体に毛があり灰色を帯びる。9~11月、葉の付け根ごとに数段、紫色の小花が密集して咲く。九州西部に分布。観賞用に栽培。花が葉腋(ようえき)ごとに段をなして咲くところからこの名がある。らんぎく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんぎく【段菊】

クマツヅラ科の多年草。九州の山地に自生し、切り花用に栽培もされる。全体に短軟毛があって灰色を帯びる。高さ50センチメートル 内外。葉は対生し、卵形。夏、茎頂および葉腋ごとに紫色の小花を密生し、段をなすのでこの名がある。ランギク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

段菊 (ダンギク)

学名:Caryopteris incana
植物。クマツズラ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐ぎく【段菊】

〘名〙
クマツヅラ科の多年草。九州西部、朝鮮、中国、台湾の暖地に生え、観賞用に栽培もされる。高さ約六〇センチメートル。全体に短軟毛を密布し、灰緑色を帯びる。葉は長い柄をもち対生葉身卵形または長楕円形で長さ三~六センチメートル。縁に粗い鋸歯(きょし)がある。夏、枝先の葉腋から集散花序を出し、青紫色の唇形花を半球状に密生する。花が葉腋ごとに段をなして咲くところからこの名がある。漢名、蘭香草。らんぎく。〔物品識名拾遺(1825)〕
② 一段一段と花が開くように仕立てた菊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android