コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺ダニ剤

世界大百科事典 第2版の解説

さつだにざい【殺ダニ剤 acaricide】

ダニにはハダニをはじめ植物に寄生する種類も多く,農業上有害昆虫とならぶ重要な有害生物で,これを防除する薬剤を殺ダニ剤という。古くは,マシン油が越冬期の防除に,石灰硫黄合剤やロテノンが発生期の防除に使用されたことがあったが,最近では強力な合成殺ダニ剤が開発されている。化学構造から分類した主要殺ダニ剤を次に示す(( )内は商品名)。 (1)ジアリールカルビノール系殺ダニ剤 ケルセン,BCPE(非登録)など,(2)有機硫黄剤 テトラジホン(テデオン),CPCBS(サッピラン)など,(3)有機リン酸エステル系殺ダニ剤 チオメトン(エカチン),ジアリホール(非登録)など,(4)ジニトロフェノール系殺ダニ剤 dinocap‐4,‐6,あるいはDPC(カラセン),DN(非登録)など,(5)有機スズ剤 酸化フェンスズ(オサダン),水酸化トリシクロヘキシルスズ(非登録),(6)キノキサリン系殺ダニ剤 キノメチオネート(モレスタン),(7)その他の合成殺ダニ剤 キノメチオネート(モレスタン),アミトラズ(ダニカット),フェノチオカルブ(パノコン),フェンピロキシメート(ダニトロン),ピリダベン(サンマイト),ベンゾメート(シトラゾン),ヘキソチアゾクス(ニッソラン)など,(8)抗生物質製剤 ポリナクチン複合体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殺ダニ剤
さつだにざい

ハダニ、ホコリダニ、フシダニ、ネダニなどダニ類の防除専用殺虫剤で、他種害虫には無効である。キノメチオネート(「モレスタン」)やビナパクリル(「アクリシッド」)はダニ類のほかうどんこ病にも有効である。ダニ類は、卵、幼虫、成虫が共存群生する。殺ダニ剤は殺ダニ成分によって殺卵力の強いもの、殺成虫力の勝るものなどに分けられる。ジコホル(「ケルセン」)、テトラジホン(「テデオン」)、アミトラズ(「ダニカット」)、ミルベメクチン(「ミルベックス」「コロマイト」)、ヘキシチアゾクス(「ニッソラン」)などがある。最近の市販品は相互の欠点を補った配合品が多い。ダニ類は同一成分の連続使用で抵抗性を獲得しやすい。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

殺ダニ剤の関連キーワードバラ(薔薇)協友アグリコナダニ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android