コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺ダニ剤

3件 の用語解説(殺ダニ剤の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

殺ダニ剤

 ダニを殺す薬剤.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さつだにざい【殺ダニ剤 acaricide】

ダニにはハダニをはじめ植物に寄生する種類も多く,農業上有害昆虫とならぶ重要な有害生物で,これを防除する薬剤を殺ダニ剤という。古くは,マシン油が越冬期の防除に,石灰硫黄合剤ロテノンが発生期の防除に使用されたことがあったが,最近では強力な合成殺ダニ剤が開発されている。化学構造から分類した主要殺ダニ剤を次に示す(( )内は商品名)。 (1)ジアリールカルビノール系殺ダニ剤 ケルセン,BCPE(非登録)など,(2)有機硫黄剤 テトラジホン(テデオン),CPCBS(サッピラン)など,(3)有機リン酸エステル系殺ダニ剤 チオメトン(エカチン),ジアリホール(非登録)など,(4)ジニトロフェノール系殺ダニ剤 dinocap‐4,‐6,あるいはDPC(カラセン),DN(非登録)など,(5)有機スズ剤 酸化フェンスズ(オサダン),水酸化トリシクロヘキシルスズ(非登録),(6)キノキサリン系殺ダニ剤 キノメチオネート(モレスタン),(7)その他の合成殺ダニ剤 キノメチオネート(モレスタン),アミトラズ(ダニカット),フェノチオカルブ(パノコン),フェンピロキシメート(ダニトロン),ピリダベン(サンマイト),ベンゾメート(シトラゾン),ヘキソチアゾクス(ニッソラン)など,(8)抗生物質製剤 ポリナクチン複合体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殺ダニ剤
さつだにざい

ハダニ、ホコリダニ、フシダニネダニなどダニ類の防除専用殺虫剤で、他種害虫には無効である。キノメチオネート(「モレスタン」)やビナパクリル(「アクリシッド」)はダニ類のほかうどんこ病にも有効である。ダニ類は、卵、幼虫、成虫が共存群生する。殺ダニ剤は殺ダニ成分によって殺卵力の強いもの、殺成虫力の勝るものなどに分けられる。ジコホル(「ケルセン」)、テトラジホン(「テデオン」)、アミトラズ(「ダニカット」)、ミルベメクチン(「ミルベックス」「コロマイト」)、ヘキシチアゾクス(「ニッソラン」)などがある。最近の市販品は相互の欠点を補った配合品が多い。ダニ類は同一成分の連続使用で抵抗性を獲得しやすい。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殺ダニ剤の関連情報