コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰硫黄合剤 せっかいいおうごうざい

7件 の用語解説(石灰硫黄合剤の意味・用語解説を検索)

盆栽用語集の解説

石灰硫黄合剤

昔から使われている農薬の一つで、殺菌・殺ダニの効果がある。必要に応じた倍率に水で薄め、筆などで塗布、または噴霧器で散布する。冬は樹木の休眠期なので一般的に20倍、それ以外は1000倍程度に薄めるのが適当と言われる。ジンやシャリの化粧もこれで行なう。

出典|(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっかいいおう‐ごうざい〔セキクワイいわうガフザイ〕【石灰硫黄合剤】

農薬の一。有効主成分は多硫化カルシウムで、ハダニカイガラムシうどんこ病銹(さび)病の殺虫・殺菌、およびミカンの着色促進に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石灰硫黄合剤【せっかいいおうごうざい】

農薬として用いられる殺菌・殺虫剤。有効成分は多硫化石灰である。市販されている工業製品は赤褐色の液体。うどんこ病銹(さび)病カイガラムシダニ類など各種作物や越冬期の果樹の病害虫防除に広く使われる。
→関連項目つる(蔓)割れ病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっかいいおうごうざい【石灰硫黄合剤 lime sulfur】

硫黄と生石灰の混合液を加圧下,加熱して製造される殺菌剤で,多硫化石灰CaSxを主成分として含み,アルカリ性を示す赤褐色透明の液体である。開発の歴史の最も古い殺菌剤ではあるが現在でも広く用いられている。リンゴイチゴ,野菜類のうどんこ病,モモの黒星病,縮葉病,胴枯病,クリの葉枯病,ミカンのそうか(瘡痂)病,黒点病,かいよう(潰瘍)病,ムギ類の銹(さび)病,あかかび病,うどんこ病に有効であり,またダニ,カイガラムシなどにも有効である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっかいいおうごうざい【石灰硫黄合剤】

生石灰と硫黄を加熱混合した農薬。カイガラムシ・うどん粉病・銹さび病などの防除に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰硫黄合剤
せっかいいおうごうざい
lime sulfur

硫化カルシウムを有効成分とする農業用殺菌殺虫剤。無機硫黄剤。有効成分は主として硫化カルシウムで,ほかに低位の硫化カルシウム,チオ硫化カルシウム,硫酸カルシウムを含む。褐赤色透明の液体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰硫黄合剤
せっかいいおうごうざい

19世紀に発明された歴史ある農薬で、殺虫兼殺菌作用を有する。有効主成分は多硫化カルシウム(CaS5、CaS4、CaS2など)で、多硫化態カルシウム27.5%の赤色透明な液体と、45%の結晶品がある。うどんこ病やさび病などの病害やハダニ類の防除に利用され、カイガラムシ駆除には濃厚液を冬季に用いる。他の農薬と混用できない、作物の種類によっては薬害が出やすいなどの欠点があるが、選択性がないこと、安価であることなどの特長から、現在でも広く用いられている。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石灰硫黄合剤の関連キーワード生石灰石灰の壇石灰の間消和硫化鉄加圧滅菌加圧冷却加熱損失膨化乾燥アルミン酸ナトリウム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone