殿村常久(読み)とのむら つねひさ

美術人名辞典の解説

殿村常久

国学者・本草家。姓大神氏。通称万蔵、号厳軒、安守義弟。伊勢松坂の人。本居宣長の門で国学を修め、清水浜臣の門にも出入りした。著書に『宇津保物語年立』『千草の根さし』等がある。天保元年(1830)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殿村常久 とのむら-つねひさ

1779-1830 江戸時代後期の国学者。
安永8年生まれ。殿村安守(やすもり)の異母弟。伊勢(いせ)(三重県)松坂の商人殿村分家をつぐ。本居宣長(もとおり-のりなが),春庭(はるにわ)にまなぶ。「宇津保物語年立」「かたばみ草」などのほか,「千草(ちぐさ)の根さし」「橘柑考(きつかんこう)」など本草学関係の著書もある。文政13年7月17日死去。52歳。本姓は大神。通称は万蔵。号は蟹麿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android