コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿村安守 とのむら やすもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殿村安守 とのむら-やすもり

1779-1847 江戸時代後期の国学者,歌人。
安永8年生まれ。殿村常久の兄。伊勢(いせ)(三重県)松坂の富商。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなび,師の死後は長男本居春庭(はるにわ)の後見役をつとめる。滝沢(曲亭)馬琴(ばきん)と親交があった。弘化(こうか)4年7月1/3日死去。69歳。本姓は大神(おおみわ)。初名は周表(かねあきら)。号は篠舎,篠斎。著作に「犬夷(けんい)評判記」,歌集に「蝙蝠(かわほり)集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

殿村安守

没年:弘化4.7.1(1847.8.11)
生年:安永8(1779)
江戸後期の国学者。本姓は大神。通称助吉,五兵衛,左五平。名は周表,のちに安守と改名。号篠舎,篠斎,三枝園など。伊勢(三重県)松坂の商人殿村家の分家の嫡男。本家を継いで殿村整方の養子となる。寛政6(1794)年,養父に倣って本居宣長に入門,寵愛を受けた。宣長没後は本居春庭に師事し,盲目の春庭を物心両面から援助した。曲亭馬琴とも親しく,『南総里見八犬伝』『朝夷巡島記』を批評し,これに馬琴が答えた『犬夷評判記』があるが,実際はほとんど馬琴の手になったものではないかともいわれる。

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

殿村安守の関連キーワード竹村茂枝櫟亭琴魚没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android