コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母性喪失症候群 ぼせいそうしつしょうこうぐんmaternal deprivation syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母性喪失症候群
ぼせいそうしつしょうこうぐん
maternal deprivation syndrome

情緒剥脱症候群 emotional deprivation syndromeともいう。適切な養育者が家庭内に欠けている場合に起る子供の精神的・身体的発達障害と行動異常をいう。症状としては,小人症,精神発達,特に言語発達の遅れ,異常行動があげられる。性格としては,孤独,攻撃的,疑い深い,拒否的となる。不活発でおどおどしているが,自分を受入れてくれる人にはまつわりつく。食欲は異常に亢進し,水洗便所の水を飲むような異常行動や常同行動がみられる。母性喪失が生後1年以内に始り,3年以上続くときは,知能や情緒の障害が永久に回復しないといわれている。これらの子供の家庭環境は複雑で,両親の不和・別居・離婚,アルコール依存症のほか,大家族,私生子などである場合がしばしば認められ,子供は親から隔離され施設に収容されることが多い。しかし,長期の病院や乳児院などの施設収容によっても同様の症状 (→施設病 ) がみられることがあり,この悪循環を断つには養子縁組などの処置が必要となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

母性喪失症候群の関連キーワードEQ北川弘美SELEQEQSQSOLIDEMOエモーショナル・レスキューやさしくエモーションEQ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android