絞殺(読み)こうさつ(英語表記)strangulation

翻訳|strangulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「絞殺」の解説

絞殺
こうさつ
strangulation

コード,などを頸部に巻き,あるいは手で締めることによって死亡するのを絞死といい,他殺による場合を殺という。大部分が他殺である。絞殺死体には,窒息死体の一般所見のほかに,顔面のうっ,腫脹が強く,結膜や顔面皮膚に著明溢血点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「絞殺」の解説

しめ‐ころ・す【絞殺】

〘他サ五(四)〙 のどを手や紐などでしめて窒息死させる。くびり殺す。絞殺する。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「三人ながらかい爴で押合押合、ひしひしとしめ殺(コロシ)て捨けり」

こう‐さつ カウ‥【絞殺】

〘名〙 を絞めて殺すこと。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「即日獄中に於て死刑を宣告し無慙にも此両人を絞殺しける」 〔漢書‐景十三王伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絞殺の言及

【絞死】より

…頸部が紐状物で,自己の体重以外の力によって締められて死ぬこと。他為的な場合が絞殺,自為的な場合が自絞死である。自絞死では,紐状物が緩まないように結節が作られていたり,数回以上巻きつけられていることが多い。…

※「絞殺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android