比律賓(読み)フィリピン

大辞林 第三版の解説

フィリピン【比律賓】

フィリピン諸島を占める共和国。主な島はルソン島とミンダナオ島。米・マニラ麻・ココヤシ・サトウキビ・バナナなどを産する農業国。スペイン領・アメリカ合衆国領を経て1946年独立。住民はマレー系、大部分がカトリック教徒。主要言語はフィリピノ語であるが、都市部では英語が普及している。首都マニラ(大マニラ)。面積30万平方キロメートル。人口8310万( 2005)。正称、フィリピン共和国。 〔「比律賓」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フィリピン【比律賓】

(Philippines) アジア南東部のフィリピン諸島を占める共和国。一六世紀にスペインが支配。一八九八年のパリ条約でアメリカ合衆国領となったのち、一九四六年に独立。国語はタガログ語を基礎とするピリピノ語であるが、英語も公用語とされている。住民の大多数はカトリックを信仰。豊かな鉱物資源を埋蔵するが未開発で、農林業が主。首都マニラ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android