コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比律賓 フィリピン

大辞林 第三版の解説

フィリピン【比律賓】

フィリピン諸島を占める共和国。主な島はルソン島とミンダナオ島。米・マニラ麻・ココヤシ・サトウキビ・バナナなどを産する農業国。スペイン領・アメリカ合衆国領を経て1946年独立。住民はマレー系、大部分がカトリック教徒。主要言語はフィリピノ語であるが、都市部では英語が普及している。首都マニラ(大マニラ)。面積30万平方キロメートル。人口8310万( 2005)。正称、フィリピン共和国。 〔「比律賓」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android