コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比田尚監 ひだ なおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

比田尚監 ひだ-なおみ

1787-1855 江戸時代後期の歌人。
天明7年9月6日生まれ。大坂の豪商伴蒿蹊(ばん-こうけい)に和歌をまなぶ。嘉永(かえい)元年賀茂季鷹(すえたか)の歌から100首をえらび,「みあれの百(もも)くさ」と題して刊行。天保(てんぽう)8年(1837)大塩平八郎の乱で焼失した天満宮の復旧にもつくしたという。安政2年11月17日死去。69歳。通称は仁兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

比田尚監の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)寛政の改革セレナード美術展覧会寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲緑色岩森羅万象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android