コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利宗広 もうりむねひろ

防府市歴史用語集の解説

毛利宗広

 萩藩の6代藩主です。宗広には世継ぎ[よつぎ]がいなかったので、世継ぎが生まれるまで、長府[ちょうふ]藩主の毛利重就[もうりしげたか]をその間の世継ぎにしていました。結局、世継ぎが生まれないまま亡くなってしまい、重就が萩藩の藩主になります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利宗広 もうり-むねひろ

1717-1751 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)2年7月6日生まれ。毛利吉元の6男。享保16年(1731)長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利家6代となる。稲の虫害などの災害がつづき,藩財政が悪化。山内広通(ひろみち)をもちいて藩政改革につとめた。寛延4年2月4日死去。35歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

毛利宗広 (もうりむねひろ)

生年月日:1717年7月6日
江戸時代中期の大名
1751年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

毛利宗広の関連キーワード生年月日粟屋正憲津田東陽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android