コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利宗広 もうりむねひろ

2件 の用語解説(毛利宗広の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

毛利宗広

 萩藩の6代藩主です。宗広には世継ぎ[よつぎ]がいなかったので、世継ぎが生まれるまで、長府[ちょうふ]藩主の毛利重就[もうりしげたか]をその間の世継ぎにしていました。結局、世継ぎが生まれないまま亡くなってしまい、重就が萩藩の藩主になります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利宗広 もうり-むねひろ

1717-1751 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)2年7月6日生まれ。毛利吉元の6男。享保16年(1731)長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利家6代となる。稲の虫害などの災害がつづき,藩財政が悪化。山内広通(ひろみち)をもちいて藩政改革につとめた。寛延4年2月4日死去。35歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

毛利宗広の関連キーワード鶏冠池田宗泰大岡忠恒大久保教倫梶捜朴久世広誉鼇山是一(4代)酒井忠崇藤堂高悠

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone