長府(読み)ちょうふ

  • ちょうふ〔チヤウフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口県西部,下関市南部周防灘に面する集落。かつては長門国国府所在地で,国分寺跡,豊浦宮跡がある。江戸時代は豊浦藩城下町で,国指定史跡の長門銭司跡 (→鋳銭司 ) のほか,長土塀や旧武家屋敷の町並みが現在も残る。博物館,水族館がある。埋立地にはアルミニウム製品の工場や火力発電所が並び臨海工業地帯を形成,港湾整備が進む。沖合いは瀬戸内海国立公園に属し,干珠島満珠島には国の天然記念物に指定された樹林がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

現在の山口県下関市大字豊浦町を中心とした地域の地名。〈長府〉の名は律令制の〈長門国府〉をちぢめた呼称で,中世後期から使用されたと思われる。国府城,国庁所在地は不明だが,域内には長門鋳銭所(鋳銭司),国分寺,国分尼寺なども設置され,国府としての体制は整っていたはずである。鎌倉時代に入って長門守護が守護所を,また長門探題が設置されると探題所を国府に置いたので,古代~鎌倉期の長門の政治の中心地であった。南北朝期後半に大内氏が武家方守護厚東氏を追って長門守護を兼ねると,政治的地位は低下したと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口県南西部、下関(しものせき)市の一地区。旧長府町。周防灘(すおうなだ)に面した郊外住宅地区であり、また臨海工業地を形成する。国道2号が通じ、JR山陽本線長府駅がある。関門海峡の東口を押さえる要地で、古代の長門(ながと)国府、中世の長門守護所の置かれた所。近世には豊浦(とようら)郡一帯を藩領とした長府毛利氏5万石の城下町で、市街地は府町(ふまち)と称した。明治以降、豊浦町から長府町となった。忌宮(いみのみや)神社、長門鋳銭(ちゅうせん)所跡、櫛崎(くしざき)城跡、功山(こうざん)寺などの文化財や史跡が多い。

[三浦 肇]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長府の関連情報