コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利高範 もうり たかのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利高範 もうり-たかのり

1867*-1939 明治-昭和時代前期の華族。
慶応2年12月5日生まれ。肥後(熊本県)宇土(うと)藩主細川行真(ゆきざね)の次男。もと豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩主毛利高謙(たかあき)の養子となり,明治9年家督をつぐ。17年子爵,大正2年貴族院議員。ドイツ留学中に知った速記法をもとに,12年毛利式速記学校を創立した。昭和14年6月12日死去。74歳。肥後(熊本県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

毛利高範の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎イェーツ大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android