コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛母腫(読み)もうぼしゅ

家庭医学館の解説

もうぼしゅ【毛母腫】

 若年女性の上肢(じょうし)、顔面、頸部(けいぶ)によくできる腫瘍(しゅよう)です。皮膚内に石のように硬いしこりを感じて気づきます。炎症をともなう場合は、皮膚の表面が紅色になり、まれに水疱(すいほう)ができることもあります。
 毛包(もうほう)の細胞に生じると考えられています。硬く感じるのは、腫瘍の一部が石灰化(せっかいか)をおこすためで、石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)と呼ばれることもあります。
 治療は、局所麻酔をして腫瘍を取り出す手術を行ないます。再発の心配はありません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android