コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛母腫 もうぼしゅ

家庭医学館の解説

もうぼしゅ【毛母腫】

 若年女性の上肢(じょうし)、顔面、頸部(けいぶ)によくできる腫瘍(しゅよう)です。皮膚内に石のように硬いしこりを感じて気づきます。炎症をともなう場合は、皮膚の表面が紅色になり、まれに水疱(すいほう)ができることもあります。
 毛包(もうほう)の細胞に生じると考えられています。硬く感じるのは、腫瘍の一部が石灰化(せっかいか)をおこすためで、石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)と呼ばれることもあります。
 治療は、局所麻酔をして腫瘍を取り出す手術を行ないます。再発の心配はありません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

毛母腫の関連キーワード皮膚良性腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android