コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛母腫 もうぼしゅ

1件 の用語解説(毛母腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

もうぼしゅ【毛母腫】

 若年女性の上肢(じょうし)、顔面、頸部(けいぶ)によくできる腫瘍(しゅよう)です。皮膚内に石のように硬いしこりを感じて気づきます。炎症をともなう場合は、皮膚の表面が紅色になり、まれに水疱(すいほう)ができることもあります。
 毛包(もうほう)の細胞に生じると考えられています。硬く感じるのは、腫瘍の一部が石灰化(せっかいか)をおこすためで、石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)と呼ばれることもあります。
 治療は、局所麻酔をして腫瘍を取り出す手術を行ないます。再発の心配はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

毛母腫の関連キーワード上肢上大静脈下肢上肢筋娘子軍上肢骨顔面白癬子宮頸部上肢帯東子女王

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone