毛氈を被る(読み)モウセンヲカブル

デジタル大辞泉の解説

毛氈(もうせん)を被(かぶ)・る

《歌舞伎で、死人になった役者を、毛氈で隠して舞台から連れ出したところから》しくじる。失敗する。特に、主人や親に顔むけのできないことをして、その家を追い出されたり、放蕩(ほうとう)して勘当されたりするのにいう。
《遊女が見世に出ている時は毛氈を敷いていたところから》女郎買いのために金を使う。また、金がなくなる。
「夜べ―・ったことは噯気(おくび)にも出さず」〈滑・古朽木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もうせん【毛氈】 を 被(かぶ)

① (歌舞伎で、死人になった役者を毛氈で隠して舞台を去らせるところから) 不首尾になる。失敗する。特に、主人や親の手前をしくじる。放蕩して主人や親の家を追い出される。勘当を受ける。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「親玉へ知ると毛氈(モウセン)をかぶる出入だ」
② (遊女が見世に出ている時は毛氈を敷いていたところから) 女郎買いをして金を使う。また、金がなくなる。
※滑稽本・古朽木(1780)一「夜べ毛氈(マウセン)(カブ)ったことは曖気(おくび)にも出さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android