コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏家卜全 うじいえ ぼくぜん

2件 の用語解説(氏家卜全の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

氏家卜全 うじいえ-ぼくぜん

?-1571 戦国-織豊時代の武将。
土岐氏,その滅亡後は斎藤氏につかえ,美濃(みの)(岐阜県)大垣牛屋城主となる。安藤守就(もりなり),稲葉一鉄とともに美濃三人衆とよばれ,ふたりとともに斎藤竜興にそむき,織田信長にしたがう。伊勢(いせ)(三重県)長島の一向一揆(いっき)との戦いで,元亀(げんき)2年5月12日戦死した。名は友国,直元。通称は常陸介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

氏家卜全

没年:元亀2.5.12(1571.6.4)
生年:生年不詳
戦国・安土桃山時代の武将。美濃牧田城(岐阜県養老郡)城主氏家行隆の子。名は,はじめ友国,次いで直元と改め,常陸介を称したが,出家してからの貫心斎卜全の名が有名。土岐頼芸,次いで斎藤道三・義竜・竜興の3代に仕え,稲葉一鉄・安藤守就と西美濃三人衆の名で呼ばれていた。永禄7(1564)年から稲葉,安藤と謀って織田信長に通じた。同12年,北畠具教を伊勢大河内城に攻め,元亀2(1571)年の伊勢長島一向一揆との戦いで,柴田勝家らと共に出陣したが,全軍退却のとき殿軍の役を務め,美濃国石津郡太田村で一揆軍に襲われ討死した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の氏家卜全の言及

【氏家氏】より

…また51年(正平6∥観応2)駿州薩埵(さつた)山の合戦で,貞朝・忠朝,周綱・綱元父子の活躍が《太平記》にみえ,南北朝期がその全盛時代。戦国期美濃三人衆の一人氏家卜全(ぼくぜん)は重国の後裔。【新川 武紀】。…

【美濃三人衆】より

…西濃三人衆ともいう。美濃西部に勢力をもった戦国武将稲葉伊予守良通(一鉄,1515‐88),安藤伊賀守守就(無用,道足,?‐1582),氏家常陸介直元(卜全,?‐1571)をさす。土岐氏,斎藤氏に仕えたと伝えるが,西濃地方に共同の独立的勢力を確立しており,1567年(永禄10)織田信長の岐阜攻略に内応して功を認められ,本領および杭瀬川以西の共同段銭(たんせん)徴収権などを安堵された。【勝俣 鎮夫】…

※「氏家卜全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氏家卜全の関連キーワード池田秀雄文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代日本史塙団右衛門蜂須賀小六横目付内ケ島氏理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone