コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤竜興 さいとう たつおき

3件 の用語解説(斎藤竜興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤竜興 さいとう-たつおき

1548-1573 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。斎藤義竜(よしたつ)の子。母は浅井久政(ひさまさ)の娘といわれる。父の死後,美濃(みの)(岐阜県)稲葉山城(のちの岐阜城)城主となる。永禄(えいろく)10年織田信長に攻められ,越前(えちぜん)(福井県)の朝倉義景(よしかげ)をたよるが,天正(てんしょう)元年8月14日義景とともに信長軍とたたかい敗死。26歳。美濃出身。斎藤氏は滅亡した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤竜興

没年:天正1.8.14(1573.9.10)
生年:天文17(1548)
美濃国(岐阜県)の戦国大名。義竜の子。右兵衛大夫。母は浅井久政の娘という。永禄4(1561)年,父の病死により14歳で家督を継ぎ,稲葉山城主となる。以後,織田信長の美濃侵攻によく抗したが,同10年西美濃三人衆と称された稲葉良通(一鉄),氏家直元(卜全),安藤守就(道足)が信長に内応するにおよび,井ノ口を占領されて稲葉山城を退去した。以後,伊勢長島から畿内に赴き,三好三人衆を頼って信長に抵抗。のち越前一乗谷の朝倉義景のもとにあり,信長の朝倉攻めの際,越前刀禰坂合戦で討死した。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいとうたつおき【斎藤竜興】

1548~1573) 戦国時代の武将。斎藤義竜の子。父の死により家督を継ぐが、織田信長に圧迫され伊勢長島に退去。さらに朝倉義景を頼ったが、信長に討たれ斎藤氏は三代で滅亡した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤竜興の関連キーワード稲葉一鉄土岐頼芸斎藤義竜垂井美濃美濃絹美濃縞氏家卜全片野温兼次(2)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone