コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤竜興 さいとう たつおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤竜興 さいとう-たつおき

1548-1573 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。斎藤義竜(よしたつ)の子。母は浅井久政(ひさまさ)の娘といわれる。父の死後,美濃(みの)(岐阜県)稲葉山城(のちの岐阜城)城主となる。永禄(えいろく)10年織田信長に攻められ,越前(えちぜん)(福井県)の朝倉義景(よしかげ)をたよるが,天正(てんしょう)元年8月14日義景とともに信長軍とたたかい敗死。26歳。美濃出身。斎藤氏は滅亡した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤竜興

没年:天正1.8.14(1573.9.10)
生年:天文17(1548)
美濃国(岐阜県)の戦国大名。義竜の子。右兵衛大夫。母は浅井久政の娘という。永禄4(1561)年,父の病死により14歳で家督を継ぎ,稲葉山城主となる。以後,織田信長の美濃侵攻によく抗したが,同10年西美濃三人衆と称された稲葉良通(一鉄),氏家直元(卜全),安藤守就(道足)が信長に内応するにおよび,井ノ口を占領されて稲葉山城を退去した。以後,伊勢長島から畿内に赴き,三好三人衆を頼って信長に抵抗。のち越前一乗谷の朝倉義景のもとにあり,信長の朝倉攻めの際,越前刀禰坂合戦で討死した。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいとうたつおき【斎藤竜興】

1548~1573) 戦国時代の武将。斎藤義竜の子。父の死により家督を継ぐが、織田信長に圧迫され伊勢長島に退去。さらに朝倉義景を頼ったが、信長に討たれ斎藤氏は三代で滅亡した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

斎藤竜興の関連キーワード天正元亀安土桃山時代(年表)アグリコラジグムント2世アウグストフランス演劇斎藤竜興村上義清斎藤竜興相馬義胤

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone