コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民大火 たみの おおひ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

民大火 たみの-おおひ

?-703 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)のとき,高市(たけちの)皇子にしたがって伊賀(いが)(三重県)で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)の一行と合流した。大宝(たいほう)3年死去。没後,正五位上をあたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

民大火の関連キーワード不当利得メロダク=バラダン2世不当利得空き家軒数の増大新生児集中治療室(NICU)孫過庭壺阪寺・壷阪寺孫過庭壺阪寺毘沙門堂

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone