コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気圧傾度 きあつけいどpressure (barometric) gradient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気圧傾度
きあつけいど
pressure (barometric) gradient

距離に対する気圧の変化の割合。ベクトルで表され,大きさと方向をもつ。通常はその水平成分をさす。気圧傾度の向きは高気圧から低気圧への方向を正とする。天気図上では,等圧線の密集している気圧傾度の大きいところでが強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きあつ‐けいど【気圧傾度】

一定の距離を隔てた二点間の気圧差。天気図で等圧線が密集している場合ほど気圧傾度は大きく、風が強い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

気圧傾度【きあつけいど】

距離に対する気圧変化の割合。これが大きいほど風が強く吹く。天気図の上で等圧線や等高線の密にあるところは気圧傾度が大きい。
→関連項目傾度風

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きあつけいど【気圧傾度 pressure gradient】

気圧の距離に対する変化の割合を示すものでベクトル量である。気圧傾度は一般に経度線1゜の長さにつき何hPaというように表すが,理論的研究には100kmにつき何hPaと表すのが普通である。また気圧傾度の方向は高気圧から低気圧の方向を正と考える。風はだいたいにおいて気圧傾度の大きさに比例すると考えてよい。したがって等圧線が密集している所は風が強く吹いている所である。【花房 竜男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きあつけいど【気圧傾度】

等圧線に直角の方向の距離に対する、気圧が変化していく割合。天気図においては、等圧線の間隔が密なところほど気圧傾度が大きく、風が強い。気圧の勾配。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

気圧傾度の関連キーワードギルベールの法則(気象)ボイス・バロットの法則コリオリのパラメータソレノイド(気象)エクマン境界層移動性高気圧超高層大気測高公式気象学境界層季節風旋衡風朝なぎ高層風地衡風地上風気団だし傾角

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android