コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気山津 きやまのつ

世界大百科事典 第2版の解説

きやまのつ【気山津】

平安~鎌倉期に繁栄した若狭湾岸の港津。現,福井県三方(みかた)郡三方町気山。1065年(治暦1)9月,越中国の調物運漕に際し,路次の国々の津泊などで〈勝載料〉を割き取ることを禁じた太政官符(写)に,近江塩津・大浦・木津,越前の敦賀津とともにこの津が見え,当時北陸方面から近江を経て京都に至るための一要津であったことが知られる(壬生家文書)。この地に鎮座する式内社宇波西(うわせ)神社が,月次・新嘗奉幣にあずかる北陸道唯一の社格を有したのも,気山津の重要性によると思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

気山津の関連キーワード敦賀[市]三方[町]平安時代

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android