気嵐(読み)けあらし

知恵蔵mini「気嵐」の解説

気嵐

海、河川などの水面から湯気のようにが立ち上る現象。気象用語では「蒸気霧」と呼ばれる。「気」の語源は北海道・留萌(るもい)地方の方言とされ、俳句では冬の季語として用いられている。夜間放射冷却によって冷やされた陸上の空気が暖かい海上などに流れ出し、水面の水蒸気を冷やすことによって発生する。気温が最も低くなる早朝に発生し、昼前には消散する場合が多い。主に冬の北日本で発生するが、厳冬期には西日本で見られることもある。

(2016-1-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android