コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気嵐 けあらし

知恵蔵miniの解説

気嵐

海、河川、湖などの水面から湯気のように霧が立ち上る現象。気象用語では「蒸気霧」と呼ばれる。「気」の語源は北海道・留萌(るもい)地方の方言とされ、俳句では冬の季語として用いられている。夜間放射冷却によって冷やされた陸上の空気が暖かい海上などに流れ出し、水面の水蒸気を冷やすことによって発生する。気温が最も低くなる早朝に発生し、昼前には消散する場合が多い。主に冬の北日本で発生するが、厳冬期には西日本で見られることもある。

(2016-1-27)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

気嵐の関連キーワード地球システム長期観測計画太陽活動期国際観測年フォーブッシュ減少宇宙線あらし(嵐)オーロラ(極光)デリンジャー現象プラズマ物理学低緯度オーロラコロナ質量放出地球電磁気学アルベーン波宇宙天気予報コロナホールアルベーン太陽フレア地磁気変動狂わせる上出洋介畠山久尚電離圏嵐

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気嵐の関連情報