気骨が折れる(読み)キボネガオレル

デジタル大辞泉の解説

気骨(きぼね)が折・れる

あれこれ気を使って精神的に疲れる。気疲れする。「新人の教育は何かと―・れる」
[補説]「気骨」を「きこつ」と読むと、「信念を守りぬく強い気」の意となる。したがって、「きこつがおれる」と読むのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きぼね【気骨】 が 折(お)れる

気苦労が多い。気疲れがする。
※浮世草子・人倫糸屑(1688)潜上者「何事にもかた有やうに見せかけたいも気(キ)ぼねのをれる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる