しんどい

精選版 日本国語大辞典「しんどい」の解説

しんど‐・い

〘形口〙 しんどし 〘形ク〙 (「しんど」の形容詞化した語か) つらい。苦しい。大儀だ。難儀だ。しんろい
※浄瑠璃・丹生山田青海剣(1738)三「何のマアしんどい事がござりましょ」
[補注]→「しんど」の補注

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しんどい」の解説

しんど・い

[形]《「しんど」の形容詞化か》
ひどく疲れを感じるさま。つらい。「年をとると階段の昇り降りが—・い」
面倒が多いさま。骨が折れるさま。「近所づきあいもなかなか—・いものだ」
[派生]しんどさ[名]
[類語](1疲れるくたびれる疲れ果てる疲れ切るだるいかったるい気骨が折れる/(2びんびん切切せつせつ痛切切実深刻ひしひしつくづくしみじみじいん心からせつ辛い苦しい耐えがたい苦痛である切ないやりきれないたまらないる瀬ない悲しい物悲しいうら悲しい痛ましい哀れ哀切悲愴ひそう悲痛悲傷沈痛もの憂い断腸の思い胸を痛める胸が痛む胸が塞がる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android