コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草臥れる クタビレル

デジタル大辞泉の解説

くたび・れる【草臥れる】

[動ラ下一][文]くたび・る[ラ下二]
長時間からだや頭を使ったため、疲れて元気がなくなる。「歩きつづけて―・れる」
年老いたり苦労が続いたりして気力や若さを失う。「人生に―・れる」「生活に―・れた顔」
衣服などが長く使われたため、古くみすぼらしくなる。「―・れた背広」
(他の動詞の連用形に付いて)その動作を続けるのが、疲れていやになる。「待ち―・れる」
疲(つか)れる用法

くたぶ・れる【草臥れる】

[動ラ下一]くたびれる」の音変化。
「三吉はさも―・れているらしく答えて」〈藤村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くたびれる【草臥れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 くたび・る
体力を消耗してそれ以上動くのがいやになる。疲れる。疲労する。 「引っ越しで-・れた」
使い古して、みすぼらしい感じになる。人についていうこともある。 「 - ・れた背広」 「鏡を見て-・れた也/中華若木詩抄」
(動詞の連用形に付いて)長くそのことをして、さらに続ける気力がなくなる。 「待ち-・れる」 〔「草臥」は当て字〕

くたぶれる【草臥れる】

( 動下一 )
「くたびれる」の転。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草臥れるの関連キーワード中華若木詩抄連用形三吉草臥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android