疲れる(読み)ツカレル

デジタル大辞泉の解説

つか・れる【疲れる】

[動ラ下一][文]つか・る[ラ下二]
体力や気力を消耗してその働きが衰える。くたびれる。「働きづめで―・れる」「神経が―・れる」「生活に―・れる」
長く使ったために物の質や機能が悪くなったり弱ったりする。「―・れた油」「―・れた上着」
飢える。
「既に峰に逮(い)て―・れ給ふ」〈景行紀〉
[用法]つかれる・くたびれる――「さんざん動き回ったので疲れた(くたびれた)」のように、体の疲労をいう場合には相通じて用いられる。◇「細かい字を読んで目が疲れた」「神経が疲れる」のように全身の疲労でない場合や、「旅に疲れる」「人生に疲れる」のようにやや抽象的に用いる場合は、くだけたいい方である「くたびれる」はあまり用いないのが普通。◇「疲れた油」は、長く使って品質が落ちたこと。「くたびれた服」は、古くなってよれよれになった形状をいう。◇類似の語に「へばる」「へたばる」がある。「へばる」は疲れ切った状態をいい、「へたばる」は疲れが重なってもう動けないような状態をいう。いずれも俗語的表現。「相当へばっている」「暑さと疲れで、とうとうへたばってしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかれる【疲れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 つか・る
長く体や心を使ったために、体力や気力が衰える。くたびれる。 「足が-・れる」 「神経が-・れる」 「仕事で-・れる」 「生活に-・れた」
物を長く使ったために能力が低下する。 「 - ・れた背広」 「油が-・れる」 「土壌が-・れている」
飢える。 「国土の人、穀に-・れし時ありき/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疲れるの関連情報