コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疲れる ツカレル

デジタル大辞泉の解説

つか・れる【疲れる】

[動ラ下一][文]つか・る[ラ下二]
体力や気力を消耗してその働きが衰える。くたびれる。「働きづめで―・れる」「神経が―・れる」「生活に―・れる」
長く使ったために物の質や機能が悪くなったり弱ったりする。「―・れた油」「―・れた上着」
飢える。
「既に峰に逮(い)て―・れ給ふ」〈景行紀〉
[用法]つかれる・くたびれる――「さんざん動き回ったので疲れた(くたびれた)」のように、体の疲労をいう場合には相通じて用いられる。◇「細かい字を読んで目が疲れた」「神経が疲れる」のように全身の疲労でない場合や、「旅に疲れる」「人生に疲れる」のようにやや抽象的に用いる場合は、くだけたいい方である「くたびれる」はあまり用いないのが普通。◇「疲れた油」は、長く使って品質が落ちたこと。「くたびれた服」は、古くなってよれよれになった形状をいう。◇類似の語に「へばる」「へたばる」がある。「へばる」は疲れ切った状態をいい、「へたばる」は疲れが重なってもう動けないような状態をいう。いずれも俗語的表現。「相当へばっている」「暑さと疲れで、とうとうへたばってしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかれる【疲れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 つか・る
長く体や心を使ったために、体力や気力が衰える。くたびれる。 「足が-・れる」 「神経が-・れる」 「仕事で-・れる」 「生活に-・れた」
物を長く使ったために能力が低下する。 「 - ・れた背広」 「油が-・れる」 「土壌が-・れている」
飢える。 「国土の人、穀に-・れし時ありき/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疲れるの関連キーワード晩食以て肉に当て安歩以て車に当つ骨折り損の草臥れ儲け肺動脈性肺高血圧症綿のように疲れる足が棒になる待ち草臥れる小馬の朝駆け気骨が折れる足を棒にする立ち草臥れる待ち侘びる倦み疲れる鍬を抜かす心が疲れる乗付けるへとへとくたばる眼精疲労粉になる気草臥れ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疲れるの関連情報