コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水原準三郎 みずはら じゅんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水原準三郎 みずはら-じゅんざぶろう

1858-1908 明治時代の暦学者。
安政5年5月生まれ。幼時より数学を独習。明治15年上京して杉浦重剛(じゅうごう)の同志会にはいり,学頭にすすむ。東京大学星学選科を卒業,18年から東京天文台で暦の編集にあたり,在職24年におよんだ。明治41年6月26日死去。51歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

水原準三郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android