コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京天文台 とうきょうてんもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京天文台
とうきょうてんもんだい

1878年に創設された東京大学付属の天文台。創設当初は観象台と称して文京区の東大構内にあったが,その後,港区麻布に移って東京天文台と改称 (1888) ,1924年に都下三鷹市に移った。日本最大の天文台で,暦の編纂,時刻の測定など国の中央天文台としての業務のほか,広く天文学全般の研究を行なってきた。しかし,現在地の都市化に伴ってケイ灯光や塵埃のために天体の観測に支障をきたすようになり,49年の乗鞍コロナ観測所開設をはじめとして,岡山天体物理観測所 (1960) ,埼玉県の堂平観測所 (62) ,野辺山太陽電波観測所 (70) ,木曾観測所 (74) ,野辺山宇宙電波観測所 (78) などの支所が設立された。 88年,緯度観測所,名古屋大学空電研究所第三部門と合併し大学共同利用機関として国立天文台となった。これに伴って東京大学には天文学教育研究センターが新設され,木曾観測所が移管された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐てんもんだい〔トウキヤウ‐〕【東京天文台】

国立天文台旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東京天文台【とうきょうてんもんだい】

国立天文台

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょうてんもんだい【東京天文台】

国立天文台の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京天文台
とうきょうてんもんだい

東京大学の附置研究所であったが、1988年(昭和63)文部省(現文部科学省)直轄の研究機関「国立天文台」になった。
 東京天文台は1878年(明治11)東京大学理学部の観象台として設立され、1888年に改組され東京天文台となった。初期には麻布飯倉(あざぶいいくら)(東京都港区)にあったが、1924年(大正13)に現在の国立天文台のある三鷹(みたか)市大沢(東京都)に移った。第二次世界大戦後、各種の観測を進めていくために各地に観測所を設立してきた。1949年(昭和24)乗鞍(のりくら)コロナ観測所(岐阜・長野県境乗鞍岳)、1960年に岡山天体物理観測所(岡山県鴨方(かもがた)町)、1962年埼玉県都幾川(ときがわ)村(現ときがわ町)に堂平(どうだいら)観測所(2000年3月観測環境の悪化等により閉所)、1969年に野辺山(のべやま)太陽電波観測所(長野県南牧(みなみまき)村)、1974年長野県三岳(みたけ)村(現木曽町)に木曽(きそ)観測所、1978年に野辺山宇宙電波観測所が建設された。おもな観測器械としては、188センチメートル反射望遠鏡(岡山)、105センチメートルシュミット・カメラ(木曽)、65センチメートル屈折望遠鏡(三鷹)、25センチメートルコロナグラフ(乗鞍)、45メートル電波望遠鏡(野辺山)など世界の水準に匹敵する装置を保有し、位置天文学から天体物理学までの広い範囲の研究とともに、宇宙科学研究所(現宇宙航空研究開発機構)の研究にも参加し、また時刻の測定・保持、暦の編纂(へんさん)なども行った。1988年に東京天文台は東京大学から独立して、文部省水沢(みずさわ)緯度観測所(現、国立天文台水沢観測センター)、名古屋大学空電研究所の一部と統合し、国立天文台となった。[磯部三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東京天文台の言及

【天文台】より

…パリとグリニジの両天文台は,天体力学の研究や航海に必要な天体位置の精密観測を目的として,子午儀,子午環,天頂儀などが備えられ,天体観測と並んで天体暦の編集発行が行われてきた。のちにできたアメリカのワシントン海軍天文台(1832創設),ソ連のプルコボ天文台(1839創設),日本の東京天文台(1878創設)なども,創設当時はいずれも位置天文学の観測が中心であった。上記の諸天文台は,各国の国立の天文台としての役割を果たしてきた点でも共通している。…

※「東京天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京天文台の関連キーワード水沢VLBI観測所早乙女 清房末元 善三郎宮地 政司末元善三郎畑中 武夫萩原 雄祐一戸 直蔵早乙女清房古畑 正秋広瀬 秀雄及川 奥郎水原準三郎古畑正秋広瀬秀雄平山清次古賀逸策古在由秀海部宣男平山 信

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android