コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口(みなくち)かんぴょう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水口かんぴょう[加工食品]
みなくちかんぴょう

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
甲賀市水口地域で生産されている。安土桃山時代、水口岡山城主・長束正家が農家につくらせたのが始まり。江戸時代中期の1712(正徳2)年、城主が加藤嘉矩になってから新しい製法が導入され、改良が重ねられて現在のようなかんぴょうになったという。安藤広重「東海道五十三次」の水口宿に、かんぴょうを干す女達が描かれて水口のかんぴょうは全国に知れ渡った。やわらかく煮えやすい。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

水口(みなくち)かんぴょうの関連キーワード滋賀県甲賀市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android