水島 道太郎(読み)ミズシマ ミチタロウ

20世紀日本人名事典の解説

水島 道太郎
ミズシマ ミチタロウ

昭和期の俳優



生年
明治45(1912)年1月20日

没年
平成11(1999)年3月23日

出生地
東京市浅草区花川戸

学歴〔年〕
早稲田実業中退

経歴
昭和3年松竹下加茂撮影所に入社。その後エノケン一座、笑の王国、ムーラン・ルージュを転々としながら軽演劇の舞台に立つ。10年大都映画、16年日活多摩川を経て、17年月丘夢路との大映「新雪」(五所平之助監督)でスターの座につく。戦後はフリーとなり、各社の作品に出演、「丹下左膳」「花と竜」「裏切り暗黒街」などをはじめとする時代劇やくざ映画、日活アクション映画でベテラン俳優として活躍。59年10月引退を表明し、60年にわたる芸能生活に終止符を打つ。この間、50年から大島に移住、59年から“老人ユートピア”作りに第二の人生をかける。平成9年現役復帰。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

水島 道太郎
ミズシマ ミチタロウ


職業
俳優

生年月日
明治45年 1月20日

出生地
東京市 浅草区花川戸(東京都 台東区)

学歴
早稲田実中退

経歴
昭和3年松竹下加茂撮影所に入社。その後エノケン一座、笑の王国、ムーラン・ルージュを転々としながら軽演劇の舞台に立つ。10年大都映画、16年日活多摩川を経て、17年月丘夢路との大映「新雪」(五所平之助監督)でスターの座につく。戦後はフリーとなり、各社の作品に出演、「丹下左膳」「花と竜」「裏切りの暗黒街」などをはじめとする時代劇、やくざ映画、日活アクション映画でベテラン俳優として活躍。59年10月引退を表明し、60年にわたる芸能生活に終止符を打つ。この間、50年から大島に移住、59年から“老人ユートピア”作りに第二の人生をかける。平成9年現役復帰。

没年月日
平成11年 3月23日 (1999年)

親族
伯父=水島 亮太郎(俳優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android