コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水府提灯 すいふちょうちん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水府提灯[提灯・和傘]
すいふちょうちん

関東地方、茨城県の地域ブランド。
水戸市で製作されている。江戸時代水戸藩が当時必需品であった提灯の製造を奨励した。篠竹でできた提灯の内側の竹ひごを、一本ずつ輪にし糸で結う一本掛けでつくるため、頑丈さで知られる。現在も工法を変えずに和紙を貼った弓張り提灯・奉納提灯・盆提灯・看板提灯などがつくられている。茨城県郷土工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

水府提灯

茨城県水戸市を中心に生産される、丈夫で型崩れしにくい提灯。江戸時代には水戸藩により生産が奨励された。水府は水戸の別称。茨城県郷土工芸品に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

水府提灯の関連キーワード茨城県水戸市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水府提灯の関連情報