コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水府提灯 すいふちょうちん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水府提灯[提灯・和傘]
すいふちょうちん

関東地方、茨城県の地域ブランド。
水戸市で製作されている。江戸時代水戸藩が当時必需品であった提灯の製造を奨励した。篠竹でできた提灯の内側の竹ひごを、一本ずつ輪にし糸で結う一本掛けでつくるため、頑丈さで知られる。現在も工法を変えずに和紙を貼った弓張り提灯・奉納提灯・盆提灯・看板提灯などがつくられている。茨城県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

水府提灯

茨城県水戸市を中心に生産される、丈夫で型崩れしにくい提灯。江戸時代には水戸藩により生産が奨励された。水府は水戸の別称。茨城県郷土工芸品に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

水府提灯の関連キーワード茨城県水戸市

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水府提灯の関連情報