水溶性プラスチック(読み)すいようせいぷらすちっく(英語表記)water-soluble plastics

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水溶性プラスチック
すいようせいぷらすちっく
water-soluble plastics

水に可溶なプラスチックをいう。代表的なものに、レゾール型フェノール樹脂、メチロール化ユリア(尿素)樹脂、メチロール化メラミン樹脂、ポリビニルアルコール、ポリエチレンオキシド、ポリアクリルアミドカルボキシメチルセルロース(CMC)などがある。接着剤、塗料、紙や繊維処理剤として使用される。火災の心配が少なく、有機溶剤の排出が少ないなどの長所があるが、使用後の乾燥のむずかしさなどが欠点である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

すいようせい‐プラスチック【水溶性プラスチック】

水に可溶なプラスチック。天然・合成・半合成の樹脂からなり、ポリビニルアルコール、ポリアクリルアミド、カルボキシメチルセルロース(CMC)などが知られる。接着剤、水溶性の塗料やインク、増粘剤などに用いられる。水溶性樹脂。水溶性高分子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる