水神平遺跡(読み)すいじんびらいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水神平遺跡
すいじんびらいせき

愛知県豊川(とよかわ)市上長山(かみながやま)町字西水神平・東水神平に所在する遺跡。豊川(とよがわ)右岸の段丘上(標高40メートル)に立地する。3か所の集落跡と5か所の甕棺(かめかん)墓が知られている。夏目恒四郎(こうしろう)が昭和初期から調査と採集を続け、明治大学も小発掘を行った(1963)。土器は水神平式土器(おもな分布範囲は愛知、長野、静岡、山梨県)とよばれ、杉原荘介(そうすけ)は型式内容を3時期に細分している。壺(つぼ)、甕、鉢、(わん)などの器形がみられ、土器全面に粗い条痕(じょうこん)がつき、壺の口縁や肩には凸帯をつけるのが特徴である。少量の遠賀川(おんががわ)式土器や大洞(おおぼら)A'式風の土器が伴存することから、編年的には弥生(やよい)前期並行期に位置づけられている。石器のなかには環状石斧(せきふ)、多頭石斧、独鈷石(どっこいし)、有柄石剣(ゆうへいせっけん)、石冠(せっかん)など、多様なものが含まれている。中部地方南半部の、縄文文化から弥生文化移行過程を知るために、きわめて重要な遺跡の一つである。[市原寿文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android