コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素細菌 スイソサイキン

3件 の用語解説(水素細菌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいそ‐さいきん【水素細菌】

水素と酸素の反応によって生じる化学エネルギーを利用し、炭酸同化作用を行う細菌。ふつう有機物を摂取できる従属栄養細菌として土壌細菌にみられるが、高温環境を好む好熱菌の中に独立栄養性の水素細菌が見つかっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいそさいきん【水素細菌】

水素と酸素との反応によって生ずる化学エネルギーを利用して炭酸を固定し、生育する一群の細菌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水素細菌
すいそさいきん
hydrogen bacteria

分子状水素と酸素との反応によって得られるエネルギーを利用して、炭酸を炭素源として繁殖することができる細菌をいう。しかし、有機物が栄養分としてある場合には、有機栄養を摂取することによって繁殖できるため、完全な化学合成無機酸化細菌とはいえない。こうしたことから、かつては特別な属Hydrogenomonasとして分類されていた。現在では、これらの細菌が示す通性化学合成独立栄養性に基づき、非独立栄養細菌を含む次のような属に分類されている(括弧(かっこ)内は種)。プセウドモナス属PseudomonasP. saccharophilaP. facilis)、アルカリゲネス属AlcaligenesA. eutrophusA. paradoxus)、パラコックス属ParacoccusP. denitrificans)、ノカルディア属NocardiaN. autotrophica)。
 また、分子状水素を酸化する際の末端電子受容体としては、酸素以外に硝酸塩、硫酸塩、二酸化炭素などが利用されることがある。水素から酸素への電子伝達の経路については、まだはっきりしていない。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水素細菌の関連キーワード化学エネルギー化学発光電気分解活性化素反応酸化的脱アミノ反応触媒反応二重標識水酸素効果(化学)オキシ塩素化