水蕨(読み)ミズワラビ

  • みずわらび みづ‥
  • みずわらび〔みづ〕
  • 水×蕨
  • 水蕨 (ミズワラビ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 シダ類ミズワラビ科の一年草。各地の沼地や水田に生える。高さ二〇センチメートル内外。葉は三~四回羽状に深裂し各裂片は狭線形。胞子嚢は裏側に巻いた裂片の縁に包まれて生じる。葉は柔らかく食用になる。漢名、水蕨。みずにんじん。みずぼうふう。《季・夏》 〔多識編(1631)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android