水野忠定(読み)みずの たださだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠定 みずの-たださだ

1691-1748 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)4年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定重の10男。水野忠位(ただたか)の養子となり,正徳(しょうとく)3年(1713)信濃(しなの),丹波,摂津の遺領1万2000石をつぐ。享保(きょうほう)8年(1723)若年寄,10年安房(あわ)(千葉県)に入封,北条藩主水野家初代となった。のち加増され1万5000石。延享5年6月26日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android