水野忠敬(読み)みずの ただのり

  • 水野忠敬 みずの-ただのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1851-1907 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)4年7月10日生まれ。慶応2年(1866)駿河(するが)(静岡県)沼津藩主水野家に分家から養子にはいり,同家8代となる。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に恭順,甲府城代に任じられて佐幕派の鎮定にあたる。徳川宗家の駿府(すんぷ)入封により,上総(かずさ)(千葉県)菊間に転封(てんぽう)。のち子爵。明治40年8月17日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android